奨学金制度と奨学金の種類について解説

「奨学金」とは、学生を援助するために給付される制度のことです。主に経済的に余裕がない時や家庭の事情で進学できない学生が多く利用しているので、授業料などを無理して払わず、借りられるのが嬉しいところだと思います。

ただし援助を受けるには各奨学金の審査を通らないといけません。流れを簡単に説明しますと、最初に各奨学金の募集要項を確認して、自分の進路に合っている奨学金を見つけます。そして必要書類をまとめたら、奨学金窓口に申し込みをしてください。また制度によっては、審査のほかにも面接が実施されるところもあります。
こうして審査をクリアして、初めて誰でも奨学金制度が受けられるようになるのです。

そして学費をサポートする給付方法は「貸与」と「給付」の二種類に分けているようです。
「貸与」は文字の通り、そのまま学費を借りる奨学金制度です。さらに貸与型には貸付利息がつく「有利息」と逆に利息がつかない「無利息」の二種類が存在するようです。
そして「給付」は返済の必要がない奨学金制度です。学校卒業後の返済義務もないので学業に専念できますが、募集が少なく倍率も高く設定されていることが多いようです。


上記で説明したのは一般的な奨学金制度でしたが、それ以外にも、学生の能力に合わせた奨学金や交通災害遺児のための奨学金などの特別な奨学金制度も存在します。学費の高さに進学を諦める前に、このサイトで自分に合った奨学金制度をみつけましょう!

教育ローンは奨学金と何が違う?

奨学金制度に似ていると言われている「教育ローン」とは、一体どういう制度なのかと疑問に感じている方は多いと思います。しかし実際は奨学金制度と異なる部分がいくつか存在しています。 そこで今回は、教育ローンの解説と奨学金との違いについてまとめています。

Copyright © 子供の教育費をサポートする奨学金制度について解説. All Rights Reserved.

TOPへ戻る