奨学金について徹底解説していくサイト

>
この記事をシェアする

奨学金を返済しよう!

返済方法について

返済の方法は各奨学金によって異なりますが、ここでは「日本学生支援機構の奨学金」を中心に解説しています。
日本学生支援機構の奨学金の返済方法は2種類に分けられています。まずは毎月一定の額を決められた期間返済する方式の「月賦返還」と毎月一定額のほか、毎年1月と7月のボーナスも合わせて併用返還する方式
の「月賦・半年賦併用返還」があります。
どちらも毎月に返済する義務があるので、コツコツとお金を返して、完済を目指しましょう。

そして奨学金の返済日は、毎月27日と決まっています。残高が不足しないように、振替日の前日までに入金をしておきましょう。ただし27日が土日や祝日になる場合は、銀行の翌営業日(平日)に振替が行われるので、確認しておきましょう。

返済できない時は早めの相談を

もしも経済的な理由、病気や怪我などので返済が難しいのであれば、各奨学金の窓口で返還に関する相談を受けましょう。場合によっては返還の猶予がついたりと一部の免除が認められることがあります。このほか失業や未就職などの仕事の事情や育児中の女性の方でも、一定期間は返還猶予の申請が可能です。

また日本学生支援機構の場合だと、進学する予定がある人にも返還猶予を認めています。主に海外留学や大学、各学校に進学予定の方がこれにあたります。
そして猶予の開始までに、1~2カ月ほどの時間がかかります。返済期間が発生しないように手続きを済ませておきましょう。

ちなみに「付与型奨学金」や「新聞奨学生」は返還義務のない奨学金制度なので、うっかり間違えないようにしましょう。


Copyright © 子供の教育費をサポートする奨学金制度について解説. All Rights Reserved.

TOPへ戻る