奨学金について徹底解説していくサイト

>
この記事をシェアする

教育ローンは奨学金と何が違う?

教育ローンについて

「教育ローン」とは、金融機関が学費を目的として融資するローンことをいいます。大学だけでなく、中学や高校、小学校、幼稚園への進学にも幅広く利用できるのが特徴です。また一般的なキャッシングローンと比べて、低金利で融資が受けられます。
そんな教育ローンを申し込むところは色々ありますが、例として銀行ローンをあげます。

銀行のローンだと、大手銀行や地方銀行、インターネット銀行から申し込みが可能となっています。また各銀行によっては利息や貸し出しの金額は異なりますので、それぞれのローンを見比べてから検討しましょう。
さらに銀行で教育ローンを利用する際に保証人は必要ありませんが、借入の金額が多い場合は、担保が必要な時もあります。

奨学金との違い

奨学金制度と比べて、まとまったお金が一度で借りられるメリットがあるのと同時に、卒業後の返済負担が大きいデメリットがあります。さらに利息も大きい上に、家計の負担をかけるので、奨学金より慎重に利用する必要があります。
次に返済について。まず奨学金制度だと学生が申し込み者となるため、卒業後も原則として学生が返済を行わなければなりません。これに対し教育ローンの場合は学生の保護者が支払いをします。そして子供が卒業した後の返済も保護者名義の口座から振替で返済をします。

もし教育ローンを利用する場合は、奨学金制度の申し込み審査に通らなかった時の滑り止めや、教育資金が不足してしまった時に申し込んでみるといいかもしれません。


Copyright © 子供の教育費をサポートする奨学金制度について解説. All Rights Reserved.

TOPへ戻る